リース満了処理の流れ

芙蓉リース販売は、リース契約が満了した芙蓉リースのリース物件の処理を担っており、芙蓉リースグループの環境方針のもと3R(リデュース:廃棄物の発生抑制、リユース:再利用、リサイクル:再資源化)に取り組んでいます。

廃棄物の適正処理

再利用することができないリース終了物件は廃棄処分しています。廃棄処分に関しては、排出事業者として「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(廃棄物処理法)などの法令遵守は当然として、全量を電子マニフェストによって厳しく管理しています。処分委託先については、年間を通じてスケジュールを組んで現地調査しています。

廃棄物はマニフェストを交付し、処理委託契約を締結した中間処理場にて処理を行います。 中間処理業者は適正に処理を行えるだけでなく、リサイクル率が高い事業者を選定しています。